坐骨神経痛に手術は必要ありません。治療方法や原因を具体的に説明します。

坐骨神経痛 実際の症例2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

50代 女性 会社員 坐骨神経痛

症状:左腰から臀部、下腿外側に痛みと痺れ。
安静にしていていてもジワジワと痛む。

検査
腰椎4番目が前方に入り込むように変位し、腰椎5番目が逆に後方に変位。腰椎の4と5番目の間は関節が柔らかく動きすぎるような不安定感があり、それ以外の部位は逆に動きが悪くなっていて硬い。
その周りにあるインナーマッスルが凝り固まってしまい、筋肉としての本来の働きを失っていることが感じられる。

腰椎5番と骨盤を繋いでいる靭帯やお尻の筋肉(中殿筋や梨状筋など)も固まってしまって、そのお尻の筋肉の間から出て足に向かう坐骨神経は筋肉に締め付けられるようにして血流が悪くなり、そのために神経の働きが悪くなっている(正座をした時のような状態)。

施術
筋肉は関節が動くことで伸びたり縮んだりしますので、まずは硬くなってしまって本来の働きが失われているインナーマッスルを緩めるために腰椎の関節の動きが悪いところに動きを作るよう施術しました。その後、お尻の筋肉を緩めました。それとしびれとは反対の右側の骨盤の関節(仙腸関節)が硬くそのために左のお尻の筋肉が働きすぎて硬くなってしまっていたので、右の仙腸関節を矯正して動きを作りました。

結果
施術後、腰から下腿にかけて出ていた痛みが臀部だけになって、痛み方が変わり楽になりました。痺れはややマシでしたがまだ残っていました。
その後、2、3回目までは症状が少し増えたり楽になったりと波がありましたが、4回目には痛みもなくなり痺れもほとんど消失しました。現在は歩き過ぎたりして疲れがたまると腰とお尻に張り感が出ることがあり、メンテナンスとして月に1回施術に来られています。

wordpress_footerimg

整体×カイロプラクティック大阪外来センターへのお問い合わせや詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。http://seitaichiro-osaka.com

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。